アナログ社長がITを導入する前に知るべき事

26fde19616bb4dcf6b2a523162f7428c_m

たまには書いておかないと・・・、と言うことでブログに書きます。

私自信がこれまで経験してきたことをベースに書いているので、多くの方に参考になること間違いなし(当社比)。

ITを活用する際に、絶対に知っておくべきことです。

では、行きましょう。

ITは単なる道具と知る

ITは単なる道具です。どんな道具かと言えば、仕事をスムーズに進ませるための道具です。しかし、ITは魔法の杖でも何でもありません。人間が出来ることを、驚異的はスピードと正確性で実行するだけです。つまり、あなたが考えられないことは出来ないってことです。

この点を絶対に忘れてはいけません。

業者は何も知らない事を知る

どんなに高価な仕組みでも、自分が思いつかないことは何も出来ません。業者に開発を依頼したところで、あなた以上に業務を知っているわけではないので、あなたの望むことは完全には出来ません。

あなたは業者に自分の要求を正確に伝える必要があります(要求定義)。

業者はあなたの要求を正確に理解する必要があります(要件定義)。

これ、絶対に無理です。

どんなに熟練したエンジニアでもあなたの要求を100%完全に理解することは不可能です。

出来ることと出来ないことを割り切る事を知る

自分も業者も完全に理解し得ないまま開発は進んで行きます。つまり、妥協点をどこにするかがとても重要。

出来ることと出来ないことをしっかりと踏まえて、妥協点を探りましょう。

念を押しておいきますが、あなたのイメージ通りのシステムは100%作成不可能です。

カスタマイズはお金が掛かる事を知る

最近はやりのクラウドシステム。安価に短時間で導入が可能になりました。しかし、それは用意された環境をそのまま利用した時のお話。あなたの会社に合わせてどんどんと変更を繰り返せば、それだけ高くなります。

システムを導入する時は、そのまま使えるように業務を直した方が早いです。安いです。簡単です。

自社のノウハウが~とか言われる方がたくさんいらっしゃいます(製造業が多いかな?)が、それ、どっちでも良いです。

ノウハウは大切かもしれません、しかし、全てをシステム上に載せる必要はありません。モット、頭を使っていきましょう。

導入後も直し続ける事を知る

ITは導入してからが本当に大切です。実際に運用にどのように合うか、調整が必要です。さらに、業務も変化してきますから自然とシステムも変化していきます。これ、当たり前です。導入後、何年も何十年も同じシステムを使い続けている会社もありますが、時代に合わせた変更は必ず行っています。そして、エンジニアがいなくなりどうにもこうにもならない、身動きが取れなくなる会社もあります。

どちらにしても、導入後もシステムにお金をかけて、メンテナンスする必要があります。

ITは投資だと知る

ITにかけるお金は投資です。経費ではありません。

いくらつかって、いくら儲けるのかという判断が必要です。

単純に安ければ良いという経費で考えては意味がありません。このあたりを理解しない人があまりにも多すぎます。はっきり言いますが、訳もわからず合い見積もりとって、開発費を削減するようなことは、愚の骨頂です。

 

 

スポンサーリンク

26fde19616bb4dcf6b2a523162f7428c_m

面白いって思ったらシェアをお願いします

Web集客&収益化の仕組み作りをマンガ(コミPo!)で解説した小冊子を作成しました

簡単で、楽しく、わかりやすいと既に好評を頂いている小冊子、全部で6冊です。

是非、あなたのWeb集客&収益化にお役立て下さい。

また、何やらココでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、各小冊子の最後で。