最近、右手首外側が痛い時があるので、Microsoft エルゴノミクスキーボードに変えてみた

The following two tabs change content below.
『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)

パソコンで仕事する時に最も使うデバイスと言えば、キーボード。インターネットサーフィンだけなら、ほとんどマウスのみでも可能ですが、はやり文字入力があると、キーボードは必要ですね。

そんなキーボードですが、結構好き嫌いがあって、こだわりを持つ人が多いのです。キーを押した時の感じとか、キーとキーの間隔とか、キーを押した時の音等々こだわり出したらキリがないって感じです。

ちなみに、私は自分が初めて買ったWindowsパソコンに付いてきたキーボードがお気に入りでした。IBMのAptivaというパソコンでした。その後、何度もパソコンを変えましたが、結構長い間このキーボードを使い続けていました。

そして、そのキーボードを上回る使い心地のキーボードが現れました。それが、MicrosoftのNaturalキーボードというキーボードです。

NaturalKeyboard

こんな感じのキーボード

上記の写真は、新しいモノで実際に私が使っていたキーボードとは違うのですが、キーボードの配列はこのままです。このキーボードの配列が非常に打ちやすかったのでした。

このキーボードも割と長い間使っていましたが、PS/2タイプだったため、次第に使わなくなりました。

手首が痛い・・・キーボードを変えてみよう

最近、パソコンを使っていて手首が痛くなる時がありました。

通常のキーボードは、入力時手首を少し外側に捻るような感じで入力しています。

Keyboard1

手のひらの付け根あたりを固定してキーボードの入力をしていると、どうしても右側のキーを押す時に手首を更に右側に捻る必要があるわけですね。特にバックススペースキーあたりを小指で押そうとすると、結構なひねりが必要です。

そこで、手の負担を少しでも減らそうと登場したのが、Microsoft エルゴノミクス キーボードです。

実際に手の角度を見て貰うと一目瞭然です。

keyboard2

小指でバックスペースキーを押す時も、ほとんど捻らず押すことが出来ます。

個人的にはかなり使い心地の良いキーボードです。以前、使っていたNaturalキーボードより薄くなっていて、更にキーストロークも短くなっているので、打ちやすさが格段に上がりました。

hikaku_keyboard

見た目が、全然違いますね。

キーボードは最も良く触れるデバイスなので、身体に負担のかからないモノが良いですね。これでキーの入力ミスが減れば万々歳です(そうは問屋が卸さないようで、相変わらず間違っては入れ直すことがしばしばです)。

スポンサーリンク

面白いって思ったらシェアをお願いします

Web集客&収益化の仕組み作りをマンガ(コミPo!)で解説した小冊子を作成しました


簡単で、楽しく、わかりやすいと既に好評を頂いている小冊子、全部で6冊です。

是非、あなたのWeb集客&収益化にお役立て下さい。

また、何やらココでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、各小冊子の最後で。

ABOUTこの記事をかいた人

『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)