2015年読んで良かった電子書籍10選  BookLive版

The following two tabs change content below.
『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)

小さい頃から読書といえば、漫画。でも漫画を読む事は読書じゃないのか?

こんにちわ。ITビジネスパートナーのやまもと(@itka24office)です。´

2015年も残すところ後2週間。今日は私が参加しているオンラインサロン「ヨッセンスクール ブログ科」の12月企画「みんなで同じテーマで書こう!!」より「2015年に◯◯した◯◯ベスト10」をお届けする。

相棒は少しずつファンが増えてきた?自称美人アンカーウーマンのカツヨ

インプットよりアウトプットだ!2015年、BookLiveで読んだ電子書籍を総括しよう

カツヨ
やまもとは、読書するの?勿論、私は読書好きよ。アンカーウーマンにとって情報はキャラの次に大事だからね〜。
やまもと
子供の頃は漫画しか読まなかったけど、最近は小説とかビジネス書とか読む事もあるよ。スマホを2014年にiPhone4SからiPhone6 Plusに変えてからは、Book Live で買ってちょくちょく読んでます。
カツヨ
そうなの。じゃぁ〜、どんな電子書籍を読んだのか教えなさい。折角だから、ランキング形式でね。
やまもと
御意

 

10選のランキングに各書籍の画像を貼りたかったが、Book Liveのサイトからは引っ張ってこれなかった。
そこで、苦肉の策として、Book Live の各書籍ページにあるツイート機能を使い、Twitter経由で書籍の画像をご覧頂きたい。

第10位 流星ワゴン

2015年1月~3月期にTBSで西島秀俊主演でドラマ化された事をきっかけにドラマ開始前に読んだ。個人的にはドラマ版より小説版の方が好きだ。「自分の人生の責任は自分で取るしかない」「自分の人生は自分でコントロールする」という考え方の私には、ちょっとイライラした展開だった。しかし、こういった小説のお陰で、自分の価値感に自信を持てたりする。ありがたい。

あ、TV版の香川照之は良かった。

 

第9位 GOSICK(全9冊合本番)


GOSICKは2011年に深夜アニメで見たことがあった。この書籍を買ったのは2015年1月位。当時は、松岡圭祐氏の「万能鑑定士Qシリーズ」や「特等乗務員α」シリーズを読破し終わった後で、推理系の書籍を欲していた。

本の内容だが、時は1924年第1次世界大戦後のヨーロッパにある架空の国ソヴュール王国。聖マルグリット学園に転校してきた帝国軍人三男坊の久城一弥が、灰色狼の末裔ヴィクトリア・ブロウと遭遇する数々の事件の謎を解いていく。取りあえずラストは、ハッピーエンド。

謎解き系・推理系の小説は大好物です。

 

第8位 最終退行

半沢直樹、花咲舞、ルールヴェルト・ゲーム、下町ロケット等々出す小説出す小説悉くドラマ化されていく池井戸潤氏の小説だ。

1つの銀行を舞台に主人公が変わりながら、絡んでいく短編集となっている。この短編の中の1つが2015年4月~7月で放映された「花咲舞が黙ってない2」の中で使われていた。

 

第7位 ようこそ、我が家へ


こちらも池井戸潤氏の小説です。こちらは2015年4月~7月期にフジテレビでドラマ化されていた。ドラマを見ていないのでなんとも言えないが、小説版は親父、テレビは息子が主人公だ。

池井戸作品には珍しいサスペンス調の小説だったが、面白かった。駅で知らない人を助けるのは良いが、恨まれないように気を付けないと・・・。

 

第6位 探偵の探偵

私が小説にはまるきっかけになった「万能鑑定士Qシリーズ」の原作者松岡圭祐氏の小説だ。これまた2015年7月~9月にフジテレビでドラマ化された。主役が北川景子だったが、私は松井玲奈が良かった。

万能鑑定士Qシリーズや特等乗務員αシリーズと違い、バイオレンスで血が飛び交いまくります。その一方で、松岡氏らしい知ってお得な情報も鏤められている。

 

第5位 掟上今日子の備忘録

はい。これまたドラマ化作品だ。2015年10月~12月期の日本テレビです。

実はこの作品はドラマが決まって原作を読んだ。読んだ理由はドラマの主人公が「新垣結衣」だったから。

将に突っ込みどころ満載だが、あえてそこには触れずに話が進んでいく辺り、割り切り感が良かった。が、原作と違いドラマはイマイチ。

ここ最近の、原作は良いけどドラマにすると脚本が良くないというヤツだ。

 

第4位 水鏡推理

ここでも登場、松岡圭祐氏の小説だ。他のシリーズと同様、小説を読んで知識が身につくというコンセプトは凄く良い。しかも、こちらは「探偵の探偵」と違い人は死なない。

文科省を舞台に時事ネタも絡めたりして、研究開発費を騙し取ろうとするメーカーや研究者と、その嘘を見抜く主人公の対決が話の基本路線だ。

 

第3位 100%確実に売上がアップする最強の仕組み


ここに来てはじめて小説以外の書籍だ。今年買ったビジネス書の中で一番読み返した回数が多い。まだ読んだ事のない人は是非読んで欲しい。

特に、通販系のサイトを運営している人は必読書だ。

 

第2位 下町ロケット2 ガウディ計画

池井戸潤氏、大好きです。こちらの作品も2015年10月~12月期にTBSでドラマ化されて、現在絶賛放映中。前半の「ロケット編」は2011年にWOWOWで一足先にドラマ化された。

このガウディ編は、個人的にはTV版の方が気に入っている。

 

第1位 ちはやふる


一位はまさかの少女漫画「ちはやふる」だ。確か、GYAOでアニメを見て、続きが気になり一気買い。

恋愛そっちのけの本格競技カルタ物語。競技要素7、笑い2、恋愛1位の割合だ。主人公の綾瀬千早がカルタクィーンを目指して成長していく姿が、とても格好いい。

そう言えば、映画化されるみたいだけど、個人的にはアニメの第3期を早くみたい。

 

カツヨ
何よ、殆どドラマ化、アニメ化されたモノばかりじゃない
やまもと
ま、ま、ま~。気がついたらそんなランキングになってたね。来年はどんな本にであるか楽しみだよ

 

上記で紹介した書籍は、こちらのサイトで購入可能だ。更に、今なら新規入会で半額クーポンがもらえるぞ!!

 

スポンサーリンク

面白いって思ったらシェアをお願いします

Web集客&収益化の仕組み作りをマンガ(コミPo!)で解説した小冊子を作成しました


簡単で、楽しく、わかりやすいと既に好評を頂いている小冊子、全部で6冊です。

是非、あなたのWeb集客&収益化にお役立て下さい。

また、何やらココでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、各小冊子の最後で。

ABOUTこの記事をかいた人

『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)