とある会計事務所の顧客管理!税理士小鳥遊主税の事情

税理士小鳥遊主税の事情
The following two tabs change content below.
『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)

廃業までのカウントダウン!小鳥遊主税リストラす

201X年6月10日 18:00 小鳥遊会計事務所

story1_01

 

主税
本当に申し訳けありません。

これも、すべて僕の責任です。

狭原
いやいや、坊ちゃんが悪いんじゃありません。

これも、時代の流れでございます。

主税
僕がもっとしっかりしていれば、こんなことにはならなかったと思います。
狭原
先代の大先生(おおせんせい)にお仕えしてから50年。坊ちゃんに代替わりしてから3年。

私は本当に幸せでございました。

主税
本当に申し訳ありません。
狭原
坊ちゃん、そろそろ私はお暇いたします。
主税
・・・・・本当にすいません

 

小鳥遊主税
 
小鳥遊 主税(たかなし ちから)

税理士3年目。父親が急逝し、急遽税理士に転職。父親の代からいた事務職員の狭原と二人三脚で事務所の経営をしていた。しかし、クラウド会計の波に飲まれ、顧客の流出が止まらない。そして、遂に狭原をリストラしてしまった。

 

狭原
狭原(せばら)

主税の父親主水(もんど)と一緒に会計事務所を切り盛りしていた。主水の急逝後は、主税のサポート。ついさっき、小鳥遊会計事務所をリストラされた。

story1_02

 

あなた。大変だったわね。
主税
うん。少ないけど退職金を出すことが出来たのが、せめてもの慰めかな。

本当に長い間、ウチを助けてくれたのに、僕のせいで、、、、

あなた。そんなにクヨクヨしても、何も変わらないわ。このまま行けば、あと3ヶ月で資金ショート。本当に倒産よ。
主税
あー。分かってる。でも、これからどうしたらいいか、、、
実は、私、パート先で面白い話を聞いたの?
小鳥遊凛
小鳥遊 凛(たかなし りん)

主税の妻。結婚5年目。小鳥遊会計事務所を事務員として主税をサポートしていたが、事務所の収入だけでは生活が厳しくなりパートに出ている。 パート先はシャチホコ商事

主税
どんな話なの?
会計事務所を中心にITを活用したビジネスサポートをしているヒトがいるんですって。
主税
へー。どんなビジネスサポートをしてるんだい?
主に顧客管理なんだって。
主税
顧客管理?
そう。
主税
でも、なんで顧客管理がビジネスサポートになるんだい?
そんなもん、私にわかるわけないでしょ。
主税
、、、、
ねー、あなた。仕事休みでしょ。ちょっと、話を聞きに行ってみない?
主税
そーだねー。

何かヒントになるかも知れないからね。行ってみようか。で、場所は?

 

小鳥遊主税、IT軍師に出会う

201X年6月11日 10:00 IT軍師オフィスB.K

IT軍師オフィスB.K
ココみたいね。こんにちわー
IT軍師
どちら様ですか?
あ、私、シャチホコ商事のカツミさんから紹介を頂きました小鳥遊会計事務所の小鳥遊凛です。
IT軍師
あー、あなたが凛さんですね。お待ちしてましたよ。

話はかつみちゃんから聞いてますよ(^^)

説明しよう!

IT軍師は、ITが苦手な会社がITを活用してビジネスをする為の支援をしている。一言で言えば、なにか面倒くさい事を相談すると、あらゆる方法で解決する。経営戦略、ビジネスモデル、USP、マーケティング、システム開発、ブログ運用などクライアントに合った最適な方法を一緒になって実行している。

 

良かった~~。

カツミさんから、結構キツイ人って聞いてたんで、ドキドキしてたんです。

IT軍師
そうですよ。

かなり、耳の痛いことも言いますから、覚悟しておいてくださいね(^^)

主税
・・・はい・・・

IT軍師
では、さっそく話を聞きましょうか。
はい。うちの小鳥遊会計事務所なんですけど、クラウド会計の影響で顧客離れが止まらないんです。

最盛期は300程あった顧問先が現在では20件にまで減っていて、このままでは後3ヶ月で資金が底をつきます。

主税
これも全部、僕のせいなんです。顧問先がクラウド会計に移行するのを止められないばかりか、流出を防ぐために顧問料の値下げをしたもんですから、売上も減り続けてまして、、、
IT軍師
ふむふむ
主税
え〜〜っと、あの・・・
IT軍師
で、どうしたいんですか?
主税
え?!

あ、何とか昔みたいに顧問先を増やして、リストラしてしまった狭原さんを呼びもどしたいんです。

IT軍師さんは、士業の顧客管理を中心にビジネスサポートをされていると聞きまして・・・・
IT軍師
そうですね。どんなビジネスをするにしても顧客情報は一番重要ですからね。

士業の先生、特に税理士さんはすごく優良な資産をお持ちなんですけど、なかなか活用できないのがとても残念ですよ

主税
優良な資産ですか?
IT軍師
そうですよ。あなたも今お持ちなんですよ。優良な資産を。
主税
そんな優良資産、ぼくが持ってるんですか・?
IT軍師
え~~~。しっかりと!
主税
なんですか?それ・・・
あ、それが顧客情報っていうわけですね。
IT軍師
その通りですよ。顧客情報は市場最強の優良資産です。どこの企業も顧客情報を収集するのに心血を注いでますからね。
主税
そんなもんなんですか・・・
IT軍師
はい。そんなもんです。
主税
ということは、ぼくはせっかくの顧客情報を役に立ててないってことですか
IT軍師
そういうことです!!

新規に開業する税理士事務所ならまだしも、すでに50年も経営されている税理士事務所の顧客情報はまさに宝以外の何物でもありませんよ

主税
そうなんですか・・・・。

ぼくにとっては、単なる顧問先の情報っていうイメージなんですけで、なんで宝のなんでしょうか?

そうね。

わたしも、なんで宝になるかよく分からないです

IT軍師
では、順を追ってお話しますよ。

 

パラダイムシフト!税理士事務所の顧問先情報を資産に変える方法

IT軍師
小鳥遊さんは、税理士さんですよね。税理士の仕事ってなんでしょうか?
主税
もちろん、顧問先にキチンと納税して頂く事です。
IT軍師
つまり、税金を払わせるのが仕事なんですか?
主税
あ、そうじゃなくって事業をすれば色々なお金がかかるわけで、かかったお金を適切に会計処理することで税金を払いすぎなくってもよくなるんです。だから・・・・
IT軍師
まぁ~、そんなに形式張って答えなくても良いですよ。
(恥ずかしい・・・)
IT軍師
税理士さんは、顧問先の財務状況、経営状況を把握できてますよね?
主税
はい。毎月毎月帳簿を確認し、決算書まで作成していますから、完全に把握しています。
IT軍師
で、なんで顧問先はクラウド会計に流出していったんですか?
主税
たぶん、費用的な問題だと思うんですが・・・
IT軍師
う~~~ん。本当にそーですか・・・
違うんでしょうか?
主税
うちもクラウド会計や他の会計事務所に流出する顧問先を引き留めようと頑張って顧問料の値下げをしてきたんです。

でも、どうしても顧問先の流出が止まらなくって

IT軍師
だからですよ。顧問料を値下げしちゃうからですよ。
え?
主税
だって・・・・
IT軍師
ま、なにはともあれ折角ある顧客情報を充分に活用すれば、顧問先がクラウド会計を使おうが関係なくあなたの会計事務所を利用し続けますし、他の会計事務所に流出する事もありません。

その為には、記帳して決算書を作るだけの今のスタイルをやめることです。

主税
え、だって税理士の仕事って、毎月仕分けを記帳してお金を頂くんですよね?
IT軍師
そんな仕事をしているから、というか、そんな仕事しかできないからクラウド会計にお客さんをとられるんですよ。
主税
だって・・・・
IT軍師
良いですか?今までのやり方で顧問先が満足していたら、流出してないわけですよね。

今までのあなたのサービスが良くないから流出した。それだけです。結果から考えると何でも早いんですよ

(泣)
主税
くぅ~~。返す言葉もありません・・・
IT軍師
と言うことで、考え方、発想を転換して下さいね。

パラダイムシフトです!!

パラダイムシフト(英: paradigm shift)

その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することをいう。パラダイムチェンジともいう。科学史家トーマス・クーンが科学革命で提唱したパラダイム概念の説明で用いられたものが拡大解釈されて一般化したものである。

https://ja.wikipedia.org/wiki/パラダイムシフト

 

会計事務所はサービス業。顧問先の問題解決をしない事務所に用はない!

じゃぁ~~。どうしていくと良いんでしょうか?
IT軍師
一言で言えば、サービス業への転換ですね。
主税
今でもそのつもりなんですけど・・・・
IT軍師
記帳と決算書の作成だけで、サービス業って舐めてます?
主税
だって、それが会計事務所の仕事だと・・・
だから、顧問先がいなくなたって・・・・
主税
あ、そうだった・・・
IT軍師
どこの会計事務所に依頼しても出来上がるモノは基本的に同じ。だから、価格勝負になるんですよ。

価格勝負にしないためには、他の事務所ではやっていないことをしないとダメですよね

主税
確かにそうなんですけど。どんな方法があるんでしょうか?
IT軍師
それが顧客情報を活用する方法です。
主税
活用って言いますけど、どうすれば良いんでしょうか?
IT軍師
今までの顧問先と経営者の方と話していて、経営者が困っていた事はどんなことでしょうか?
主税
帳簿の付け方を指導していた位で、経営者の悩みなんて聴いたことはほとんどありません。
あなた、それ本当?!
主税
あ~。経営のことを相談されてもよくわからないから・・・。

経費削減節税対策で保険の販売をしてるからそんな話はしてましたけど・・・

IT軍師
・・・・本当に、顧問先の事を考えてました?
主税
もちろんです。顧問先にはきちんを記帳してもらって、無駄な税金を払わないようにしっかりと対応してきたと思います・・・。でも、結果から考えると・・・・
そうね。ダメだったと言う事ね・・・
IT軍師
経営者の悩みは大きく3つ。

  1. 売上に関する問題
  2. 経費削減に関する問題
  3. 人に関する問題

です。経営者と直接話す事が出来るから、小鳥遊さんは経営者の問題をしっかりと把握することができるわけです。

主税
でも、経営者の悩みを解決するような専門知識はないんです。
IT軍師
別に小鳥遊さん自身が悩みを解決する人はないんですよ。
主税
!?

どう言うことですか?

IT軍師
小鳥遊さんの顧問先に解決できる人はいないんですか?
主税

えっ?

顧問先にですか?

(そんなこと考えた事も無いんじゃないかしら)
主税
いや・・・もともと、顧問先の悩み相談は親父が受けていたみたいです。

ぼくの代になってからは狭原さんがやってくれてました。狭原さんが顧問先の相談に色々と奔走していたんですけど・・・

もしかして、顧問先が何に困っているか?顧問先の得意な事は何か?顧問先が欲しがっている情報は何か?とか知らないって事なの?
主税
うん・・・知らないんだ。相談に答えられなくって馬鹿にされたり、顧問契約を切られたらまずいって思って・・・。全部、狭原さんに任せてたんだよ。
そんな・・・
IT軍師
そうですか、わかりました。

まずは、顧問先全てを回って、何に困っているか?どんなことが得意なのか?どんな情報が欲しいのかを聞いてきてください。

主税
今更、聞きにっても大丈夫ですか?
IT軍師
えぇ~。気にせず聞いちゃってください。ぶっちゃけ、その時の反応は分かりませんが、今まま3ヶ月で終わっていくか、狭原さんと一緒にまた仕事をするかどっちが良いんですか?
主税
もちろん、狭原さんともう一度一緒に仕事したいです。凛と3人で・・・
IT軍師
なら、どうするかはご自身で決めてください。
主税
分かりました。聞いてきます。

で、聞いてきたらどうしたら良いんでしょうか?

IT軍師
聴いてきたら顧問先をデータベースに全部登録していくんですよ
主税
顧問先を・・・・。ところで、データーベースってなんでしょうか??
IT軍師
データベースは、顧問先の住所や電話番号は元より、月次決算、決算などの会計情報、顧問先の扱っている商品やサービス、顧問先の得意な事や困っている事など、顧問先のありとあらゆる情報を一元管理する為のモノです。
主税
なるほど・・・でも、そんなのデータベースはうちにはありません。
IT軍師
なら、作りましょう。予算により色々ありますが、最低限の仕組みならEXCELでも作れます。今後の展望を考えるなら、CRMという顧客管理システムを使うのがオススメです。
主税
わかりました。ぼくはITはあまり強くないんで、IT軍師さんにお任せしたいんですけど・・・。
IT軍師
では、CRMを使った顧問先管理データベースを作る事にしましょう。そして、顧問先の困っている問題を、他の顧問先や専門サービスを使って解決できる仕組みを作って、顧問先のあらゆる問題の解決支援する会計事務所として生まれ変わりませんか?
主税
顧問先のあらゆる問題解決の支援をする会計事務所ですか?
IT軍師
そうです。

会計事務所は顧問先の財務情報というとてつもない情報を把握することができます。それは経営者から信頼されているからこそできています。つまり、会計事務所から一言とは、他の専門家からの一言に比べ重さが違います。事実、中小企業の経営者が、問題を相談している人の1位は、税理士さんです。

中小企業の経営者の事業判断に関する実態調査

 

IT軍師
しかし、残念ながら税理士さん相談しても、すべての問題の解決はできません。税理士さんは税務のプロですが、経営のプロではありませんし、集客のプロでもありません。これからの会計事務所は、あらゆる経営上の問題の解決支援を行っていくんです!!
主税
思いもよりませんでした。

でも、顧問先の問題を解決する事が出来れば、顧問先も喜んでくれますよね。

そうね。今までは、顧問先で問題や要望を聞くことをあまりしていなかったから、顧問先が流出していっただけだと思うわ。

正しい記帳の方法を知らなくても、クラウド会計なら自動で仕訳をしてくれるみたいだし。そんな誰でもできることだけに、お金を払う人はそうそういるわけもないものね。

主税
確かにそうだね。今までとは意識を変えて行動しないといけないよね。

 

 

次回予告

記帳と決算書の作成だけをする会計事務所から、顧問先のあらゆる問題の解決支援を行う会計事務所に生まれ変わることにした「小鳥遊会計事務所」。顧問先へのヒアリングを行いながら、顧問先データベースに情報を追加していた。

そんなある日、顧問先からある相談を持ちかけられてた。果たして、主税は初めての問題解決依頼で期待に応えることが出来るのか??

 

次回「顧問先は大騒ぎ。売上あげなきゃ契約切るぞ!」にご期待ください

 

 

スポンサーリンク

税理士小鳥遊主税の事情

面白いって思ったらシェアをお願いします

Web集客&収益化の仕組み作りをマンガ(コミPo!)で解説した小冊子を作成しました


簡単で、楽しく、わかりやすいと既に好評を頂いている小冊子、全部で6冊です。

是非、あなたのWeb集客&収益化にお役立て下さい。

また、何やらココでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、各小冊子の最後で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)