ついに購入。初めての格安SIMはBIGLOBE LTE・3Gだ!! 選んだ理由とおすすめポイント

choice_biglobe_eyecatch

こんにちわ。

IT部門のない会社の社外No.2、IT軍師のやまもとです。

ITが苦手な会社が『ITを活用したビジネスを実現する』お手伝いをしています。

仕事がらITにまつわる様々な相談を頂くことが多いのですが、格安スマホ塾の記事を書いてから、格安スマホに関する質問を頂くことが増えています。

そんな中、仕事に必要なことから初めての格安スマホとして「ASUS Zenfone Go」を購入しました。

そして、遂に初めての格安SIMも使い始めました。

そこで、今日はぼくが初めての選んだ格安SIM「BIGLOBE LTE・3G」についてシェアしていきます。

やまもと
相棒は、出張中のカツヨに変わってラジ生?友達のひかる姫(@hika_7)です(*^▽^*)。
hikaruhime_2

 

やまもと
ひかる姫、今日はよろしくね。
ひかる姫
けんけん、よろしくー。
やまもと
ひかる姫が今回登場した経緯は、こちらのラジ生?で確認できます。

ひかる姫
では、早速いってみよー

 

BIGLOBE LTE・3Gの12Gプランを選んだ理由

ひかる姫
けんけん、なんでBIGLOBE LTE・3Gを選んだの?
やまもと
そうですねー、数ある格安SIMからBIGLOBE LTE・3Gを選んだ理由は5つあるんですよ
ひかる姫
じゃー、一つずつ教えてね

 

理由 その1 BIGLOBEだったから

ぼくの自宅のインターネットは、BIGLOBEを使っている。何故、BIGLOBEにしたかと言えば、価格コムで安いインターネット接続サービスを探したら、BIGLOBEだったからだ。

そして、BIGLOBEで格安SIMを申し込むと既存のBIGLOBE会員は200円安くなるという嬉しい価格メリットがあったのだ。

プラン月額料金 BIGLOBE会員の方 BIGLOBE会員ではない方
12ギガプラン(12GB) 2,500円 2,700円
ライトSプラン(6GB) 1,250円 1,450円
エントリープラン(3GB) 900円 1,100円

たかが200円かもしれないが、容量を使い切り速度制限を免れるために、容量を追加する時にかかる費用に少しだけ充当できるという気安め心理も働いている。

ちなみに、以前住んでいたマンションは地元電力会社の提供していたインターネット接続サービス「コミュファ」を利用していた。理由は、マンションの大家さんの指定だったから。

 

理由 その2 12Gプランがあったから

現在利用しているSoftBankでは過去2回ほど通信制限にかかったことがある。2016年1月と2016年3月だ。SoftBankのスマ放題は、7Gだ。つまり、7Gの容量を使い切ったわけだ。

2016年1月は1回。そして、2016年3月は3回容量を追加した。

速度制限がかかると、遅くて使い物にならない。ネットサーフィンもTwitterもfacebookも遅い。

2016年3月は、始まって10日も経たない内に使い切り、直ぐに1Gを追加。、しかし、3日ほどでまた使い切り再び追加。それも、10日ほどで使い切りもう一回1G追加した。1回1Gが1000円だから、余分に3000円も支払った。いやー、参った。

こんなことがあり、追加容量の購入は割高なのでなるべく初期容量の大きいプランが良かった。BIGLOBE LTE・3Gの12Gプランは無制限プラン以外では3番目に大きいプランだった。しかも、1GBあたりの単価も優秀だ。

ちなみに、無制限プランは速度が遅いという情報もあるので選択肢にはなかった。

MVNO 容量 価格 1G単価 備考
TONE 無制限 1000円 通信速度500~600Kbps
WIRELESS GATE 1741円 通信速度3Mbps
Wonder Link 2480円 7GBを超えると通信速度が700Kbps
UQ Mobile 2680円 通信速度500Kbps
U-mobile 2980円
ぷらら モバイル LTE 2980円 通信速度3Mbps
スマモバ 3480円 通信速度128Kbps
So-net モバイル LTE 4180円 1日の使用量が360Mに達した場合、翌深夜から朝方にかけて300bpsに
Tikimo SIM 50GB 11250円 225
DMM mobile 20GB 5980円 299
BIGLOBE LTE・3G 12GB 3400円 283
@モバイルくん 4743円 395
もしもシーク 10.5GB 3380円 322
hi-ho LTE typeD 10GB 2838円 284
DTI SIM 2900円 290
楽天モバイル 2960円 296
OCN モバイル ONE 3000円 300
インターリンクLTE 3132円 313
FREETEL 3170円 317
mineo(マイネオ) 3220円 322
IIJmio 3260円 326
Fiimo 3350円 335
NifMo 3500円 350
ASAHIネットLTE(ANSIM) 7GB 1980円 283
ぷらら モバイル LTE 2036円 291
TNC モバイル4G 2340円 334
Y!mobile 6458円 923
b-mobile 5GB 1500円 300
アイストリームSIMサービス 1580円 316
BB.Excite 4GB 1170円 293
Sky Link Mobile 1810円 453
ポインティSIM 3GB 1400円 467
J:COMM MOBILE 2980円 993
o’zzio モバイルLTE 2GB 1000円 500 1日100MB
G-Phone 2280円 1,140

 

理由 その3 複数のSIMで12Gをシェアできるから

現在持っている格安スマホはASUS Zenfone Go1台だけだが、今後はSIMフリーのスマホやタブレットを使う予定だ。もちろん、ぼくの使うデバイスだけではなく妻の使うデバイスでも活用したい。

デバイスごとに格安SIMを契約することもできるが、おサイフに優しくない。できれば、一つの契約で容量をワケワケして使いたい。

BIGLOBE LTE・3Gの12Gプランでは、最大5枚のSIMでシェアができる。そうなれば、

  • ASUS Zenfone Go
  • Apple iPad mini最新機種 (今度買う予定)

で使って、後3台も使える。

 

理由 その4 無線ポイントがたくさんありそうだから

現在利用しているSoftBankは、街中の至る所で無線Wi-Fiを利用することができる。あの白い犬のシールが店頭に貼ってあれば利用することができるので、とてもとてもとても重宝している。

そんな無線Wi-Fiが利用できなくなるのはとても痛い。そこで、街中でも気軽に無線Wi-Fiが利用できないかと思っていたら、BIGLOBE LTE・3Gはいろんな無線Wi-Fiサービスと提携していた。

choice_biglobe_01

 

BIGLOBEによるとスポット数は全国80,000カ所だ。

choice_biglobe_02

 

理由 その5 アフィリエイトを貼るからwww

そして、最後の理由は完全に下心見え見えだ。ぼくのブログではGoogle アドセンス、a8、Value Commerce、アマゾン、楽天のアフィリエイトを貼っている。この報酬をもう少し増やしたい。

ま、最後の理由はたいした理由ではないけど、もしBIGLOBE LTE・3Gを申し込むとき、下のボタンから申し込んでくれるととても嬉しい。

 

ひかる姫
けんけん、説明ありがとう~~

 

BIGLOBE LTE・3Gの通信速度はいかに?

そうそう、格安SIMといえばやはり通信速度が気になる。実は、ぼくが申し込みをすると知っていたかように、2016年4月下旬と3016年5月中旬に設備強化をしていた。でも、設備強化を知ったのは申し込みが完了してからだ。

さて、今回使い始めたBIGLOBE LTE・3Gだが、口コミサイトを見てみると、遅くて使えないという口コミが散見された。しかし、こればかりはぼく自身で試してみるほかはない。

という事で、まずは自宅のWi-Fi環境下で通信速度を比べてみた。これはZenfone GoとiPhone6 Plusの基本的な通信性能を比較する為だ。

通信速度は、BNRスピードテストを利用して計測した。

Zenfone GO + 自宅Wi-Fi

choice_biglobe_wifi

 

ちなみに、自宅のインターネット環境は、BIGLOBEと光回線だ。しかし、これはちょっと遅い・・・。

 

iPhone6 Plus + 自宅Wi-Fi

choice_biglobe_sb_wifi

 

やはり、こちらも遅い。自宅の無線LANルータの処理速度の問題か、インターネット回線自体が原因だ。そこで、いつも利用しているデスクトップパソコン(有線LAN)で通信速度を計測してみた。

choice_biglobe_isp

 

結果は、2.56Mbpsと無線Wi-Fiよりも遅かった・・・・。

話が横に逸れてしまったので、本題に戻そう。Zenfone GoとiPhone6 Plusによる通信速度はそれほど多いものでもなかった。実際、体感では差を感じない。

続いて、最も知りたいBIGLOBEとSoftbankの回線速度を計測した結果をご覧いただこう。

 

Zenfone Go + BIGLOBE LTE/3G

choice_biglobe_4g

 

なんと、自宅のWi-Fiより速い。

 

iPhone Plus + Softbank

choice_biglobe_sb_4g

 

自宅のWi-Fiよりは速いが、BIGLOBEよりは遅いという結果だ。

 

通信速度比較のまとめ

折角、通信速度を計測したのでまとめておこう。

最高データ転送速度 平均データ転送速度
Zenfone Go + Wi-Fi 6.40Mbps 3.72Mbps
iPhone6 Plus + Wi-Fi 7.01Mbps 3.99Mbps
Zenfone Go + BIGLOBE LTE・3G 27.06Mbps 13.95Mbps
iPhone Plus + Softbank 10.68Mbps 9.58Mbps
デスクトップ + 有線LAN 5.27Mbps 2.56Mbps

 

自宅ではあるが、BIGLOBE(DoCoMo)の方がSoftbankよりも速度は速いという結果だった。しかし、インターネットサーフィンやfacebook、Twitterを使っているぶんには体感での差はあまり感じられない。動画の閲覧においても同様だ。

これまでもSoftbankの通信速度が遅くて困った事は一度もなく、Softbank以上の通信速度でDoCoMo回線が利用できるBIGLOBEは間違いなくオススメだ。

 

 

ひかる姫
けんけん、お疲れ様

 

やまもとの視点

今回は、カツヨさんの代わりにひかる姫と一緒にお届けしました。もし、ぼくも・わたしもこのブログに出演したいという人がいれば、教えてください。出演して頂きたいと思います。

さて、MVNO選びの最大のポイントは目的です。

どんな目的でMVNOを使いたいのかを自分自身で明確にしておくことが。MVNO選びで迷わない秘訣です。

そして、自分で直ぐに試すことができるというもの大きなメリットです。データ専用SIMなら解約手数料がかからない為、次から次に試していくことも可能(やってやれないことはないけどね・・・)。

但し、現在の電話番号を引き継いでMVNOに移動するMNPの場合は、一度、データ通信だけ契約して使えそうだったら、MNPするのがオススメです!!

 

 

 

スポンサーリンク

choice_biglobe_eyecatch

面白いって思ったらシェアをお願いします

Web集客&収益化の仕組み作りをマンガ(コミPo!)で解説した小冊子を作成しました

簡単で、楽しく、わかりやすいと既に好評を頂いている小冊子、全部で6冊です。

是非、あなたのWeb集客&収益化にお役立て下さい。

また、何やらココでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、各小冊子の最後で。