読者をファンにするには法則があった。メルマガ読者をファンにする5つの感情を操るライティングテクニック

メルマガ読者をファンに変える
The following two tabs change content below.
『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)
IT軍師
どうも、IT軍師KENTAです。

あなたは、メルマガに登録してくれた読者を熱狂的なファンにしたくはありませんか?

ぼくの友達に永ちゃんの大ファンの男性がいます。CDをはじめ、発売されているDVDは全て持っています。

勿論、コンサートツアーがあれば愛知県から東京ドームまで見に行きます。

そして、コンサートグッズを買い漁る。まさに熱狂的大ファンと言っても過言ではありません。

あなたがその他大勢の人と一緒にされず、安定的な売上を確保するには、一人でも多くの読者を熱狂的大ファンに変える必要があります。

それには読者の5つの感情を掻き立てるライティングテクニックを身に付けることです。

 

人は「理屈ではなく、感情で動く」という真実

あなたは有村架純主演のビリギャルという映画を見たことがありますか?

主演の有村架純が演じる工藤さやかは、偏差値30の勉強が出来ない高校2年生。

伊藤淳史演じる塾講師に勉強を教えて貰い、慶應義塾大学に合格するというお話です。

この映画の中で、塾講師は勉強について教えるシーンは殆どありません。

強いて言えば、「日本史は漫画を読め」くらいです。

受験テクニック満載のドラゴン桜とは大違いです。

塾講師は、さやかと同じ目線で、同じ言葉を使い、年上の友達や先輩ように接します。

はじめは心を閉ざしていたさやかも、次第に心を開き、やる気になっていきます。

もし、塾講師がガミガミ「勉強しろ」とか「そんなことじゃー、合格できないぞ」とか、わかりきっている正論を振りかざしていたら、どーなっていたでしょうか?

さやかは、やる気の無いまま塾をやめて、ビリギャルも映画化されなかったことでしょう。

ここで伝えたいこと、それは、さやかをやる気にさせたのは、「正論」ではなく「知らないこと知るのは楽しい」「勉強が出来た方が面白そう」「親や塾講師の期待に応えたい」そんな感情だったという事です。

 

読者をファンにする5つの感情

さて、あなたは「ザイオンス効果」という言葉を聞いたことがありますか?

マーケティングや心理学を勉強した事があれば、聞いたことがあるかも知れません。

ザイオンス効果は、初対面の人より、何度も何度も会ったことがある人の方が親近感、親密感が湧くというものです。

しかし、ただは会う回数を増やすだけでは、親近感は湧いても、ファンにはなりません。

ファンにするには、5つの感情を刺激しなくてはならないのです。

では、読者をファンにする5つの感情を紹介します。

5つの感情とは、「満足」「飽きさせない」「驚き」「嫉妬」「更なる期待」です。

ローマ字にして、頭文字を取り「MAOSSの法則」と呼ばれています。

この5つの感情を最適なタイミングで刺激されると、読者がドンドンとファンに変わっていきます。

 

読者をファンにする「満足感」

あなたの書いたメルマガに満足すると、満足感は増していきます。

ま、当たり前と言えば当たり前。

多くのメルマガ運営者は、メルマガ読者に満足して貰おうと、頑張ってメルマガを書いています。

しかし、それだけでは読者からファンにはなりません。

 

読者をファンにする「飽きさせない工夫」

メルマガ読者は、これまでのあなたの書いたメルマガを何度も何度も読んでいます。

いつもの書き出し、いつもの文章、あなたの口癖に安定感や安心感を持っています。

しかし、同じ事の繰り返しは飽きられてしまうのです。

どんなに好きなメニューでも毎日毎日同じモノが出てきたら飽きるでしょう。

どんなに好きな音楽でも、繰り返し聞くうちに別の曲を間に挟みたいと思うはずです。

さて、あなたのメルマガは読者を飽きさせないために何をしていますか?

 

読者をファンにする「驚き」

メルマガ読者の多くは、自分の知り得ない情報を知りたいと思ってメルマガを購読しています。

そんな読者に、誰でも知っているようなありきたりの情報ばかりを送っていては、次第に心が離れていってしまいます。

また、通常の生活の中でも、恋人や友達の誕生日にサプライズをすると、かなり喜んでもらえます。

メルマか読者に、とびきりのサプライズを用意できれば、間違いなく喜んでもらえます。

 

読者をファンにする「嫉妬」

いままではプラスの感情でしたが、ここではある意味マイナスの感情を掻き立てます。

ブログやFacebookなどで、海外旅行や高級レストラン、高級車などと一緒に写っている人がいます。

あなたが好むか好まないかは別にして、あの投稿には意味があります。

あの投稿は、見た人の「嫉妬心」を掻き立てています。

「すげ-!」「うらやましー」「なんであいつがー」

等々反応は様々です。この手の投稿は諸刃の剣です。

しかし、より一層ファン心理を刺激することも事実です。

 

読者をファンにする「さらなる期待」

読者が、メルマガを読み終えた後、さらにワクワク、期待できるかも大事なポイントです。

読者自身の身に起きる変化でも良いですし、あなたが提供する体験や話でもオッケーです。

わかりやすく言えば、こんな感じです。

今年は100人会場でセミナーを開催しましたが、来年は500人の会場を満員にして開催します

すると、「おー、凄い」「来年はもっと期待できそうだ」と読者は思うようになります。

 

【結論】メルマガ1通で2回、感情を動かせばファンになる

ただ、満足度の高いメルマガ、ただ意表を突くメルマガ、ただ嫉妬させるメルマガを書いても無駄です。

読者は「だらか?」と思うのが関の山です。

そうならないように、メルマガでは必ず2つの感情を動かすように意識します。

いきなりそんなことを言われても難しいと思うかもしれませんが、実は難しくはありません。

満足感は、今まで書いてきたメルマガの内容でOKです。

何故なら、読者に喜んでもらえるようにメルマガを書いていれば、自然と満足度の高いメルマガになっています。

つまり、1つ目の感情を動かす事には成功しているわけです。

と言うことで、これからはもう1回感情を動かせばOKです。

「飽きさせない」「驚き」「嫉妬」「さらなる期待」の何れかを掻き立てる内容を1つ、出来れば2つ追加するだけで、あなたのメルマガ読者はファンへと変わっていきます。

 

さて、今日、紹介したメルマガ読者をファンにするライティングテクニックですが、現在準備中の「白熱BMW実践教室」の中で更に詳しく解説していく予定です。

間もなく、募集を開始するので楽しみにしていて下さい。

更に更に、白熱BMW実践教室では、ビジネスモデルをウェブで実現する為の仕組みの作り方をゼロからお伝えしていきます。何もない状態の人でもウェブを使った集客&収益化の仕組みを作り上げることが出来るようになります。

ウェブを使った集客&収益化の仕組みを作りたいと考えているなら、一緒に仕組みを作っていきましょう。

 

スポンサーリンク

メルマガ読者をファンに変える

面白いって思ったらシェアをお願いします

Web集客&収益化の仕組み作りをマンガ(コミPo!)で解説した小冊子を作成しました


簡単で、楽しく、わかりやすいと既に好評を頂いている小冊子、全部で6冊です。

是非、あなたのWeb集客&収益化にお役立て下さい。

また、何やらココでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、各小冊子の最後で。

ABOUTこの記事をかいた人

『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)