WordPressの管理画面でPtengeneが見られない時の対処方法

Ptengineサイト

先月、Facebookで不意に見かけた「Ptengine」。

ヒートマップが表示できる、Google Analyticsより簡単そうだ~~ってコトで早速自サイトに導入をしてみました。

Ptengienバッチ

Webサイトの左下に燦然と輝く、Ptengineバッチ。

これでばっちりヒートマップを見ることが出来るぅ~~~って期待MAXでした。

とっても見やすくって気に入っていたのですが、なんと、直ぐに表示されなくなりました。。。

Rtengine

さらに、Ptengineのサイトでも。

Ptengineサイト

ログイン後、上記の画面で立ち往生。

取りあえず、Ptengineのサポートページで推奨環境が記載されておりました。

Ptengine

私の環境は、

OS Windows 7

ブラウザ Chrome 41.0.2272.101 m

要件は満たしているようですが、動かない。

さて、せっかく導入したのに動かないのはあまりにも残念すぎるということで、違うデバイスからアクセスして表示されるか試してみました。

そして、発見しました。

遂に、Ptengineを再び見られるようになったのです。

その方法は・・・

 

 

 

iPhoneのChromeからWordpressの管理画面を経由して、Ptengineのサイトに行く

という方法です。

まずは、iPhoneのChromeでサイトの管理画面にログインし、PtengineのData Centerを開いてみましたが、ダメ。

Ptengine

そこで、PtengineのSettingを開き、

Ptengine

設定をクリック。

Ptengine

お、(^_^)v

無事に見られますね。

ちなみに、スマホでPtengineのサイトに行っても、ログイン出来ません。

スマホでPtengineのサイトへ行くと。

Ptengine

と、上記の画面が表示されて、アカウント発行は出来るんできるんですけど、ログインが出来ないんです。

今後の改修に勝手に期待します。

iPhoneアプリとか公開して頂けると、とてもうれしいです。

 

さて、世の中には分析ツールはたくさんありますが、役立てている人ってほんの一握り様な気がします。

毎日どれくらいアクセスしてくれる人がいるか、どれくらいコンバージョンしているか、どのページが読まれているか等々を分析して、今後のWebサイトの改善に役立てるために分析ツールを使います。

ただデータを取っても意味はないし、データをどう役立てるか考えられないとデータが勿体ない。勿体ないお化けがでちゃいます。

データで語れるWebサイト運営は、今後の中小企業には必須スキルです。

 

スポンサーリンク

Ptengineサイト

面白いって思ったらシェアをお願いします

Web集客&収益化の仕組み作りをマンガ(コミPo!)で解説した小冊子を作成しました

簡単で、楽しく、わかりやすいと既に好評を頂いている小冊子、全部で6冊です。

是非、あなたのWeb集客&収益化にお役立て下さい。

また、何やらココでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、各小冊子の最後で。