記事の閲覧数が直ぐに分かる「WP-post-view」で記事の断捨離を今すぐ実行だ!

wpv_ga_eyecatch
The following two tabs change content below.
『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)

こんちにわ。

ITが苦手な会社をITが活用できる会社に変える専門家、IT軍師のやまもと(@itka24office)です。

あなたはブログでどの記事がどれだけ読まれたか把握していますか????

ぼくは全く把握していません(^^;

Googleアナリティクスで人気のある記事や検索キーワード、導線などを確認しているブロガーは多いと思いますが、敢えて読まれていない記事を探しているブロガーも少ない気がします。

記事を書いたけど、その後1度も読まれていない記事なんて、このブログの中にもたくさんあります。しかし、そこから目を背けてはいけません。

読まれていない記事とも真摯に向き合って、読まれる記事にリライトするか、削除するか、noindexをつけるか、何らかの対応を行う事も必要です。

今日は過去読まれた記事の閲覧数を調べる方法をシェアしていきましょう。

相棒は過去は振り返る必要を感じていない自称美人アンカーウーマンのカツヨです。

スポンサーリンク

読まれた記事の閲覧数を知る方法

カツヨ
やまもと〜、過去の記事の閲覧数なんて別にどうでも良いんじゃない?アクセスを稼いでる記事もあれば、アクセスが全くない記事もあるのなんて、当たり前だもん
やまもと
確かに、昔の記事って読み返してみると一体何をかいてるか分からない記事が一杯あるけどね。だからころ、整理整頓して行きたいじゃない。
カツヨ
それなら昔の記事でアクセスの多い記事をリライトすればいいじゃない。わざわざ、閲覧数なんて調べるまでもないでしょう。
やまもと
数字は嘘をつかないからね〜。客観的な指標として閲覧数が10なのか、閲覧数が100なのか、閲覧数が500なのかでやっぱり対応は変わってくると思うんだよね。
カツヨ
ふ〜〜〜ん。それならGoogleアナリティクスで閲覧数を調べれば良いじゃない?
やまもと
実は、Googleアナリティクスはアクセスがあった記事は記録されるけど、アクセスがなかった記事は記録されないんだよね。
カツヨ
ま、そんなの当たり前よね。だから、記事を公開してから今までのアクセス数を見てみれば、見られていない記事ってわかるようなものじゃない。
やまもと
・・・。その通りなんだけど、それすっごい大変なんだよ。

 

Googleアナリティクスで読まれていない記事の閲覧回数を調べる方法

まずは、Googleアナリティクスにいって、「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックする。

wpv_ga_01

 

Googleアナリティクスの表示期間を過去1年にする。

wpv_ga_02

 

1ページに表示する件数を設定する。(件数は、自分のブログの記事数以上にしておくように)

wpv_ga_03

 

プライマリディメンションで「ページタイトル」をクリックし、日本語のページタイトルを表示する。

wpv_ga_04

 

エクスポートから「EXCEL(XLSX)」を選ぶと、ダウンロードがされる。

wpv_ga_05

 

早速、ダウンロードしたファイルを開く。

wpv_ga_06

 

カツヨ
ほら、このファイルを見れば閲覧数が分かるんでしょ。
やまもと
いやぁ〜〜、わかるのは見られた記事の閲覧数だけで、見られていない記事の閲覧数は分からないんだよね〜。
カツヨ
あ、そうだった。じゃぁ〜、早速見られていない記事を調べなさいって・・・、どうやるの?
やまもと
この後は、WordPressから記事をエクスポートして、同じタイトルの記事をマッチングして、件数を調べる・・・
カツヨ
・・・・、もう良いわ・・・・。大変なのはよく分かったから
やまもと
一応、言っておくと、日本語のタイトルがず〜〜〜っと一緒じゃないとGoogleアナリティクスからエクスポートしたEXCELファイルとWordPressの記事のマッチングはできないし、GoogleアナリティクスでURLのままエクスポートしたとしても、WordPressのURLが変わっていればこれまたマッチングできないし・・・。かといって、エクスポートされたページを全部確認するのは時間がかかるし・・・

この方法は実用的ではないって事ね。

カツヨ
じゃぁ〜、ないか良い方法はないの?
やまもと
そこで使うのが今日紹介するプラグイン「WP-post-view」だよ。

 

WP-post-view の使い方

では、さっそくインストールをしていこう。「プラグイン」→「新規追加」をクリックする。

wpv_install_01

 

検索窓に「wp post view」と入れてエンターキーを叩く!!

wpv_install_02

 

「wo-post-view」の「今すぐインストール」をクリックする。

wpv_install_03

 

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックする。

wpv_install_04

 

以上で、インストール完了だ。

wpv_install_05

 

カツヨ
で、後はどうするの?
やまもと
投稿や固定ページの一覧を見るだけだよ
wpv_install_06

 

カツヨ
これで全部の記事の閲覧数を見ることができるようになるわけね。
やまもと
そういうこと。但し、インストールした後からね・・・
カツヨ
な〜〜〜んだ。じゃぁ〜、ブログを作ったら始めにインストールした方が良いって事ね。

 

(2016年3月12日追記)

「wp post view」が上手く動かないなら、「WP Post Visit Count」

この記事をアップした後、楽しみにカウントを確認してみたら上手く取得出来ていない事が判明した。そこで、代替えのプラグインを探し、且つ、動作まで確認したものを紹介する。

そのプラグインの名前は「WP Post Visit Count」だ。ログイン時の自分のカウントはとらなくても良いけど、しっかりカウントされるのはご愛敬。ログイン時のカウントがとられないプラグインがあれば、是非知りたい・・・。

では、早速、インストールしていこう。(インストールをする前に、wp vpost viewはアンインストールしておいてください。)

「プラグイン」→「新規追加」をクリックする。

wpv_install_01

 

プラグインの検索窓に「WP Post Visit Count」と入力して、エンターキーを叩く!!

wpvc_install_01

 

今すぐインストール」をクリックする

wpvc_install_02

 

インストールが完了したら、「プラグインを有効化」をクリックする

wpvc_install_03

 

有効化完了!!

wpvc_install_04

 

カウント数を確認すると、きちんとカウントアップされている。

wpvc_install_05

 

カツヨ
やまもと~~~!!!!!

皆様にご迷惑をかけるんじゃないわよ!!!

 

やまもとの視点

ブログは結局のところ、記事の集まりだ。一つずつの記事の積み重ねが大事だ。アクセスを集める記事もあれば、集められない記事もある。どうせなら、読まれる記事で埋め尽くしておきたいのがブロガー心というものだ。

読まれていない記事は、結局のところGoogleからの評価を下げてしまうので、早めに手を打っておきたい。その為にリライトを行うのだが、その基準を読まれた数という客観的な数字で観られる様になるのは大きなポイントだ。

直感的にNO INDEXをつける位なら、客観的な数字を基準にNOINDEXをつけていこう!!

リライトの参考になる記事はこちらからどうぞ!!

SEOい強い記事・弱い記事はどれ位キーワード数が違うのか調べてみた

ランチェスター戦略とSEOの相性が良い理由を勝手に推測する

ブログのカテゴリーは読者目線になっているか?記事の整理整頓はカテゴリーから

スポンサーリンク

wpv_ga_eyecatch

面白いって思ったらシェアをお願いします

Web集客&収益化の仕組み作りをマンガ(コミPo!)で解説した小冊子を作成しました


簡単で、楽しく、わかりやすいと既に好評を頂いている小冊子、全部で6冊です。

是非、あなたのWeb集客&収益化にお役立て下さい。

また、何やらココでは言えない『超豪華特典』が付いています。

詳しくは、各小冊子の最後で。

ABOUTこの記事をかいた人

『人類は財産。友達は宝。出逢いは最高の贈り物』

人と人との出逢いは人生において最高の贈り物です。ぼくたちは誰と出逢うかで人生が大きく変わっていきます。ウェブもリアルもどちらも同じです。
ぼくは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にしたいと思っています。このブログでは、起業家とお客さんの出逢いを最高の宝物にする為の情報をコミPo!を使ってわかりやすく配信しています。
ぼくと友達になって下さい(^^)